前向きに生きたい

ストレス耐性が低い人間が日々感じてる事を素直に吐き出します。生きてるか死んでいくか見守って下さい。

日本の限界

 海外に行った事がある人なら分かると思うが、日本は便利すぎる。

 お店は24時間空いてるし、店員は常に笑顔で丁寧、公共交通機関はいつも時間通り。

  

 海外だと店員はスマホをいじっている、座っている、やる気なさそう。最初はレベルが低いなと思ってたけど最近は考えが変わった。彼らは大して給料を貰ってないのだから低パフォーマンスで良い。

 

 日本人は真面目すぎる。  労働者同士で監視して粗を見つけて叩いて。 ハッキリ言って殆どのサラリーマンは負け組だ。世の中の殆どの人はやりたくもない仕事を仕方なくしている。人生の1/3以上は仕事に時間を使っているのだから、それは嫌々ストレスを貯めてするのではなく、もっと生き生きと働ける世の中になるべきだ。

 

満員電車にすし詰めにされて仕事で身体精神を疲弊させ、無駄な飲み会でお金を使って上司にも気を遣う。もっと適当で良いじゃないか。そんなに頑張ってどうするのだ。 結局一部の富裕層である株主や資本家に吸い取られる。有利な環境で生まれた奴らがどんどん富んでもっと有利になっていく。労働者同士でもっと結託して労働環境を良くすべきだ。

 

 セブンイレブンは7時〜23時までで良いと思う。 業界最大手の会社がしたら他社も追随すると思う。いっそのこと政府が東京や大阪等の都会を除いて小売業やサービス業の開店できる時間を定めたら良いと思う。 

 みんなで多少の不便は認めて、そろそろ時間的余裕ひいては精神的豊かさを求める時代が来ていると思う。 家族や友達と過ごす時間、のんびりとする時間、趣味に使う時間、仕事以外なら何でも良い。 

 

 

 

 私は小売業界で高校生の時からアルバイトをしている。 最近人手不足が顕著になってきたと思う。 どんどんサービスが増えてやる作業、覚える事が増えているのに時給は変わらない。 最近は中国、ベトナムからの外国人が増えている。正社員は休みは週一回しかなく正月、GW、お盆などは休めない。人手不足なので有給休暇も取得出来ない。給料だってあんなに働いてるのに高くない。年間休日50日ぐらいだ。現代の奴隷だと思う。刑務所より労働環境が悪くて生活保護者と大して変わらない給料の割に激務。こんなのオカシイ。

 

 労働時間にインターバル制度を早く設けてほしい。 例えば深夜0時まで残業したとして、次の日の始業時間が9時なら9時に出社しなければならない。 退勤時刻から12時間は空けて出社するインターバル制度を設けたら午前中はゆっくり出来て睡眠時間が確保できる。 なぜ政府は早く導入しないのか。 

 ワタミ電通のように過労自殺者を出した企業には見せしめで重い罰金をかける、社長を逮捕するなどしても良いと思う。嫌でも労働環境が良くなるだろう。罪の意識もなく働く環境や上司により自殺に追いやってあいつらは犯罪者と変わらないかそれよりタチが悪い。