前向きに生きたい

ストレス耐性が低い人間が日々感じてる事を素直に吐き出します。生きてるか死んでいくか見守って下さい。

生き辛いと感じている人に読んで欲しい本/大原扁理さん

大原扁理さん

「20代で隠居」「年収90万円で東京ハッピーライフ」「なるべく働きたくない人のためのお金の話」の三作を出しています。

個人的には「なるべく働きたくない人のためのお金の話」がよくまとまっていてオススメです。

f:id:restart072:20190702232200j:image

 

週5日〜6日働く、 正社員で働かないといけない、将来は結婚しないといけない、子供を持たないといけない

日本には、"こうあるべき"と無言の同調圧力がある。 僕らは子供の頃から無意識にそれを洗脳されてきた。僕も新卒で入社した時は、洗脳されていたけど今は絶対正社員じゃないといけないと思わなくなった。本人が幸せならフリーターでも派遣社員契約社員でもなんでもいいじゃん。

 

そんな同調圧力を そうじゃないんだよーって無視して自由にハッピーに生きておられる方が大原扁理さん。 なんと週休5日でミニマムに稼いで楽しく生きているそうです。著者は、超お金持ちでもないですし、特殊な能力がある訳でもありません。 こんな生き方があるのかーと気付かせてくれました。 現状に苦しさを感じている若い人に読んで欲しいです。よんだあとに心が軽くなる一冊です。 

 

僕も週に5日も働くことがこの先40年も続くなんて考えられないので、真剣に隠居計画を考えるようになった。